フルーツ王国おかやまの味な手みやげ。産地直送・全国発送。
HOME

みのかみマスカット園BLOG

「備中松山城」高梁城

松山城 (備中国)
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
松山城
(岡山県)

松山城本丸(平成の復元後)
通称 高梁城
城郭構造 連郭式山城
天守構造 複合式望楼型2重2階(1681年改)
築城主 秋葉重信
築城年 1240年
主な改修者 三村元親、水谷勝宗
主な城主 三村氏、水谷氏、板倉氏
廃城年 1874年(明治7年)
遺構 現存天守・櫓・塀、石垣、土塁
指定文化財 国の重要文化財(天守、二重櫓、土塀)
国の史跡
再建造物 櫓・門・塀
位置 北緯34度48分32.72秒
東経133度37分20.37秒
表・話・編・歴
松山城(まつやまじょう)は岡山県高梁市内山下にあった山城である。別名、高梁城(たかはしじょう)。国の史跡。日本100名城。四国の愛媛県松山市にあった松山城 (伊予国)との混同を避けるために、一般的には「備中松山城(びっちゅうまつやまじょう)」と呼ぶ。日本国内の、現存する天守がある12か所の城のうちの一つである(現存天守)。
概要 [編集]
城のあった臥牛山は4つの峰からなり、小松山に本丸・二の丸・三の丸が階段状に配され、大松山、天神の丸、前山にも遺構がある。海抜約430mの臥牛山小松山山頂の本丸へは、麓の御根小屋から約1,500m、1時間ほどの道のりの山道を経て至る。

江戸期の備中松山藩時代は山城で不便なため、山麓に御根小屋という御殿を構え、そこで藩主の起居・藩の政務を行った。

現在は城跡が国の史跡に指定され、現存する天守、二重櫓、土塀の一部が国の重要文化財に指定されている。また、現存する石垣、復元された櫓、門、土塀がある。現存天守のある12城の中では唯一の山城であり、日本三大山城の一つである。御根小屋の跡地には高梁高校がある。

DSC09603.jpg 

備中松山藩の歴史は山と山に挟まれ一本の川の高梁川という地形を旨く利用し
考えているものだと思います。武家屋敷の通りを一軒 一軒まわり高梁川に出て
高瀬船に乗り商売も繁栄させ 藩を守り立て 藩が長く存続出来たのも資源の
少ないのも乗り切ってそして 庶民には今の時代にも残っている 夏祭りで「備中高梁祭り」が賑やかに行なわれています。立派な大名がおられたのでしょう
今の日本の政治も見習いたいくらいです。
やはりこのブログいいところに目を付けられますね。
返信 高梁市内の武家屋敷を時間をとって歩いてみたいものです、昔の生活を想像するだけでもとても楽しい事だと思います。

コメントする

ページの上へ