フルーツ王国おかやまの味な手みやげ。産地直送・全国発送。
HOME

みのかみマスカット園BLOG

またまたタイからの便りが届きました。
日本にいては見ることの出来ない情報です、特派員からの文章をそのまま掲載します、特派員に聴きたい事がありましたら、コメントにご記入下さい。

お元気ですか?
日本はずいぶん涼しくなっているのでしょうか、たった1年離れていただけなのに、すっかりわからなくなってしまったようです。
こちらは相変わらず、蒸し暑い日が続いています。
それでも雨の後や明け方は涼しさを感じるようになってきました。
・・・乾季もすこしづつ、近づいてきているようです。

今日は、日本とは形の違うモノを見つけたので、画像を送ります。
カタツムリ・・・、日本のモノとはずいぶん違います。
私は初めて見た時、仕出しの"おり"の中に入っている
甘辛く煮てある"巻貝"(バイ貝でしたっけ?)をタイでも食べていて
ポイ捨てをしているのかと思っていました。
 友達に話すと、大笑いされて「カタツムリ」だという事がわかりました。
結構大きくて、殻だけでも10センチくらいあるでしょうか?
動いている姿は、できるだけ遭遇したくないのですが
不運にも?遭遇したので、記念撮影しました。

ノニは日本でも健康食品として、おなじみだと思います。
実も箱などに印刷されているので知っていましたが、
花は初めて見ました。 白くてかわいいです。
こちらでは庭木として、普通に民家に生えています。
他にも、ヤシの木やマンゴーの木が庭木になっています。
・・・日本で、柿の木が庭にあるのと同じ感覚なのでしょうね。

それでは、また変わったモノを見つけたら送らせてもらいます。
お体に気を付けて!
カタツムリ.jpg ノニの花.jpg ノニ.jpg 

田舎暮らしはのんびりしていいように思うが、これがなかなか大変である。今回の話題は年に2回ある春の「溝掃除」と秋の「道造り」である9月の最終日曜日に村中の一軒の家から1人が参加して行う作業である、各区割りごとに作業場所が決まっており(おもに秋は幹線道路の清掃)簡単に言うと畦の草刈である、午前8時半よりほとんどの人が草刈機を持ち毎年のごとく畦の草を刈ってゆく、昨日は日差しも強く暑い中での作業であった、昼食をはさんで午後3時頃まで作業は続く、村中で約50名誓い人が作業をするので村中の幹線道路の道は綺麗になる、この作業が済むと秋祭りの既設です。10月10日が「体育の日」で毎年9日10日が秋祭りであったが体育の日が10月の第2月曜日となってからはこれにあわせて秋祭りを行う、今回は我が区がお宮の掃除当番になっているので10月4日はお宮掃除である、一連の作業が終わると、区の連絡会議を行うとともに慰労会が行われる、区内の連絡事項、道路、溝などの修理依頼、市の行事などの連絡の後お弁当とビールで慰労会が行われる、こんな寄り合いが年に4.5回はあると思う日頃話をする機会がない人とも合えるチャンスである、作業は大変であるが作業を終えた後の達成感もある、近頃区の住民となった人も何人か出席するが、話す相手も少ない為弁当を持って早めに帰ってしまう、何か話題があればいいのにと思う。紫艶房.jpg 紫艶粒.jpg 葡萄の名前は「紫艶」美味しそうでしょ!

お彼岸は過ぎてしまったが、彼岸花は今満開の季節だ、彼岸花が咲くのがお彼岸の季節であるがまるでカレンダーを見ているかのように毎年赤い綺麗な花を咲かせる、大阪から投稿があったので掲載する、「白い彼岸花」である、私は始めて見た珍しいのではないいだろうか?今まであまり気にしていなかったのでつい見ていなかったのかもしれない、皆さんの周りにも珍しい花や、物があったら投稿してください、 minokami@x.email.ne.jp
まで!宜しく。P100092709.JPG  P100092909.JPG この写真を見る限り、沢山咲いていそうに見えますが、何本もありましたか?(しげの里)さん又コメント下さい。

近頃音楽を聴く機会が多い、秋なのか?自分の学生時代と、現在の音楽を聴く環境が大きく変っている。
学生時代(70年台)はレコードが主流であったと思う、その頃「カセットテープ」なるものが登場し(ステレオ)レコードからカセットに録音して聴く(レコードは何度も聴くと傷むから?)もう少しすると(1979年)SONYからカセットウオークマンなるものが発売された、これで音楽を外に持ち出す事ができた、しかしレコードからカセットに録音する為には曲の再生時間と同じ時間が必要でした、LPレコードにそっと針をのせ、カセットの録音ボタンを押し片面の再生が終わるまでじっと待つ、待つ、片面が終わりそうになるとカセットの録音停止ボタンにそっと指を乗せタイミングを計ってグッと押し込む、レコード盤から針を上げひっくり返す、又同じ事の繰り返しだ。今は「メモリーオーディオ」マッチ箱の小さな箱に音楽を何千曲も録音して持ち運ぶ時代だ、録音する時間も「何倍速」録音とアッと言う間に終わってしまう、便利なのはいいことかもしれないが、70年代のあの録音中のワクワクした気持ちが無駄だったとは今でも思っていない。 黄色の花0001.jpg 黄色の花0002.jpg 
今日の写真は山沿いに咲いていた小さな黄色の花、図鑑で調べてみたが見つからなかった小さな花である。

いよいよ『秋』太陽の日差しもなんとなくさわやかに感じられるようになりました、広葉樹の葉もところどころ色づき始めています、庭にある『柿木』も柿が熟して落ちてきます、はもバラバラと庭に散ってゆきます、(昨年は柿が豊作でした)今年はあまり実を付けていません、この写真は『実』ではありません『葉』が変異してできたようです。 葉の変形.jpg もう一枚の写真は他の木の葉が枯れて落ちているのにまるで若葉のように優しい色で木々の中にありました。 葉っぱ.jpg どんな名前かわかりません。 

ナスビも新しく実を付けることが少なくなり、食べるのももう飽きたこの頃ですが、今年苗が余ったのか?堆肥のの上にナスビを植えてあった、このナスビが今でも花をつけドンドン新しい実を付けているではないか、なんと有機肥料の持つ力はたいしたものだ、そういえば5月に甥が来て堆肥の中に植えてあったおおきなダイコンを収穫しているのを思い出した、
科学肥料では美味しい野菜はできないのかも知れない。ここで普通のナスビと堆肥の上に植えたナスビの写真を見比べてください。 ナス1.jpg なす2.jpg 

朝晩めっきり涼しく(寒く)なってまいりました、そろそろ『秋』が近づいてきました。
紅葉の季節がもうそこまで来ています、写真を撮りにいかなくちゃー!と思いつつなかなか取りに行くことができません、近場で初秋の\風景を探しましたら 秋の気配1.jpg 秋の気配を感じますか?
もうひとつの写真は(仕事が暇なもんで)庭弄りをやっています。四角な石は30Cm角で1枚480円ぐらいを買ってきて庭に敷き詰めています、排水を考え隅間を空けていますが、間に何を植えるか迷っています(芝か竜のひげ)どうせ時間があるのだからもう少し考えようと思っています。 庭造り1.jpg 

今回の選挙で民主党が圧勝した、TVの街頭インタビューなどを聞くと「自民党政治がいやになった」「民主党にとても期待しているが、不安が80%ぐらいいある」等々いろんな意見が出てきている、岡山では総選挙の一週間後に岡山市長選挙があったが国政選挙の投票率には遠く及ばなかった、いかに国政選挙に現在の政治ではダメダとの不満をぶつけたかがよく分かるような気がする。今後の民主党鳩山政権の政治を注意深く見守ってゆきたいと思う、
しかしながら仕事の方は「不景気」と言う言葉がピッタリで、仕事量は極端に少ない今後どの様になるか不安である。
皆さんも今回の国政選挙に関するご意見があったらお知らせ下さい。
私は今後の政局にとても興味があります、善しにつけ、悪しきにつけこんなに政治に関心を持ったのは初めてです、「日本の舵取りよろしく!」

久振りに「rrakugaki」さんから写真メールが届きました、初秋の棚田へ行ったそうです、緑と臼茶色のコントラストがとてもいいですね、「行ってみたーい」。
いい写真を撮る為には苦労を惜しまず出かけなければいけませんねー!!

rrakugaki」さんからのコメントを掲載します。

九月がスタートし朝夕は秋らしい気候になってきました。九月八日に美咲町の日本の棚田百選『大垪和西棚田』ではもう稲刈りが始まったとテレビで放送していたので車で行って来ました、行きを旭川ダムの方の山道を行ったので山又山を登り標高が随分高いものだと思いました。大垪西地区はすり鉢状態の土地が広く棚田になりその造形美に感動です、懐かしい田舎の風景が広がりその中の畦路をウオーキングコースも一般の人も歩く事が出来ます。
田に吹く風は爽やかで涼しく稲の切り株の臭いも懐かしく お米の大切さを感じた一日でした。
栗の実の大きくなっているのを見て秋が其処まで近ずいていると思いながら異次元の世界から帰って来たとさえ思える日でした。 大垪和西 018.jpg 大垪和西 033.jpg 

知人がタイに住んでいます(ご主人の仕事の関係で)8月には日本へ1ヶ月ほど帰省していましたが、子供の夏休みも終わりタイへと行ってしまいました。
帰省した時に「何でもいいから写真を」と、お願いしておきましたところ早速にメールが届きました、パパイヤの樹?もうひとつは「マクドナルド」の写真です、合掌しているマクドナルドは初めて見ました、お国柄が良く出ています、(日本ではどうだったのか又観察しておきます)皆さんの情報お願いします。写真とともに知人からのメッセージを掲載します。

 昨日子供たちをマンションの遊び場に連れて行ったところ、
珍しい花を見つけたので画像をおくります。
パパイヤの実・パパイヤの花、そしてもう一つは全く関係ありませんが
マクドナルドのおじさんです。
 このパパイヤの木は、7月の初めには確か20センチくらいのの苗だった
はずですが、あっという間に大きくなって実までつけています。
 たぶんもう少ししたら、マンションのスタッフが青いまま収穫して『ソムタム』という
タイのサラダにして食べてしまわれると思います。 かなり辛いのですが、
青パパイヤがシャキシャキしてとてもおいしいです。 
 マクドナルドのおじさんは、日本でもおなじみだと思いますが、タイのものは
合掌(タイでは"ワイ"といいます)をしています。 日本のはどうだったか覚えていませんが、タイのような格好はしていないと思います。
 ちなみにタイのマクドナルドは電話をすると、うちまでハンバーガー類をデリバリー
してくれるんですよ! 配達料は無料ですが、私はタイ語ができないので、
頼んだことはありません。

また珍しいものを見つけたら、画像を送らせてもらいます。 
パパイヤの花.jpg パパイヤ縮小.jpg ドナルド縮小.jpg 珍しい写真とその国の文化一つ一つが面白いですね、珍しい料理の写真などあったら又メール下さい、お待ちしています。 

天野さんの個展が昨年と同じく山陽新聞社の「さん太ギャラリー」であった、今年は風景、静物だけでなく、人物の絵が沢山出品されていた、上手い人は何を描いても上手い、どうしたらこのように描けるのか不思議でしょうがない。 入り口額.jpg この絵は亮三さんの母の一番上のお姉さまを描いたのだそうだ、天野家は火災で思い出の写真なんかが焼けて無くなりあまり残っていないそうだ、残り少ない写真の中の一枚を水彩画にすると 若き日の叔母と.jpg 

マスカットの種無しは「糖度が高い」とは聞いていたが今日糖度計で計ってみて驚いたなんと19.5度も有るではないか!糖度出荷する時の判断材料にはなるが、こうも甘いとお客さんに受け入れられるだろうかふあんである、食べてみると少し甘いかな?と言う感じではあるが昨今糖尿病の方が多くいらっしゃるので、糖分控えめの時代には逆行しているかも知れない、糖尿病が気になる方は少し控えめに食べてください。
今年の7月下旬から8月上旬にかけての異常な気象条件と全く違い、日照時間も例年以上続いた8月後半の天気のおかげだと思っています、来年は異常気象にならないよう祈るばかりです。
山の道端で見つけた小さな花(5~6mm)くらいです
黄色の小さな花.jpg 

今年初めて「マスカットの種無し」作りに挑戦した、(実は昨年も挑戦したのだが、樹勢の弱い樹だったので上手く行かなかった)今年は昨年樹勢の強かった樹を選んで「種無しに!」だったのだが、8月初旬の日照不足のせいか?粒太りがあまりよくない、しかし食味は種アリのマスカットと比べ「パリパリ」とした食感で又違った葡萄の様だ、味、香りはマスカットと同じである、もう残り少なくなってきたので食べてみたい人は問い合わせをして下さい。 ニラに良く似た花.jpg 

朝晩めっきりと涼しくなり、もう秋のの気配です、木々の紅葉も始まっているようです。
マスカットも加温栽培の葡萄は全部完買しました、続いて半加温の「種無しマスカット」が旬を迎えています、種が無いので食べやすいです(今年初めて作りました)もう少しすると無加温のマスカットの出荷が始まります、8月初旬の日照時間が短かったので加温栽培のマスカットはさっぱりでしたが、無加温のマスカットは例年どうりの夏の日差しに恵まれ美味しく育っています、ドンドン注文下さい!!

今日の写真は「ブルースター」ですブルースターの「種」の写真が撮れましたので花と並べて掲載します、自分の子孫を残す為綿の種と同じ様などこまでも飛んで行きそうな種です。
ブルスター花.jpg ブルースター種.jpg

先日仕事で朝6時前に家を出発し、現場作業に出かけた。
行く途中旭に照らされた黄金色に輝く田、朝もやに霞む中国山脈の山々、やっぱり写真は朝早く起きて人の寝ている時の空間を撮影しないといけないと気づいた、ちょっとそこら辺ンで人が感動できるような写真が撮れるわけがない、人それぞれこだわりがあり、何かを求めているのだと思う。
写真は手ごろにできる趣味でもあるが、撮ればとるほど奥深いものがある、でも何時も見ている風景の中にも「はっと」するような写真が撮れることもある、(デジタルだから出来る)とにかく撮りまくる事だ、その中に自分でも気づかないその1枚があるかもしれない。
今まで人の映っている写真はあまり掲載していない(祭りだとかで何回かあったかな?)近頃個人情報のことが気になりあまり撮影もしていないが、街中の雑踏のような写真も撮ってみたいと思う、何を言わんとしているのかはっきりしないが、とにかく写真を撮る!  朝顔.jpg 

ページの上へ