フルーツ王国おかやまの味な手みやげ。産地直送・全国発送。
HOME

みのかみマスカット園BLOG

今年はマスカットの出荷がおくれてしもーて、出荷の時期が狂うてしもーた、又今年は『種無しマスカット』を半加温(少しだけボイRターで加温した)なんぞ作ったもんだからよけいにわからんようになってしもーた。例年は加温と半加温、無加温と順序良く続けて出荷できるにのに、天候不順のせいで全部が狂うてしもーた。
半加温の「種無しマスカット」はもう充分に糖度も付き出荷できる状態になっとる。無加温のマスカットはもうすこーし時間が必要じゃまだぶどうはぎょうさんあるから注文をどんどんしてくれー!
今日は「ニラノ花」の写真じゃ
にらの花.jpg にらの花の写真をとりょうったら、偶然蝶々が花へとまって蜜を吸っていた
ニラと蝶.jpg 

今年は例年に無く日照不足で出荷が大変遅れてしまった、早くご注文を受けていたお客様にご迷惑をおかけしてしまいました。出荷日指定のご注文の商品に連絡が遅れてしまい、出荷日の後に連絡するような事もあり申し訳ございませんでした、8月半ばよりマスカット本来の味になり、安心して出荷できるようになりました、今回ご迷惑をおかけした皆様にこの場を借りましてお詫び申し上げます、
加温のマスカットも1/3を残すのみとなり、半加温のマスカットももう少しで出荷できる運びとなってきました、近頃は日照時間も充分で、味が乗るのも早く美味しく食していただけると自信を持ってお勧めいたします。  色付き始めた「ピオーネ」

ピオーネ5.jpg 

昨年も一度趣味で能面を作られている「面打ち」藤井さんの作品が届きましたので掲載させていただきます、素人の私が言うのもおかしいですが、この能面を作られたのが『趣味』の時限とは思えません、物を創るのは大変難しい事だと思います、自分の自画像さえ私には描く事さえできません、すばらしいものを見せていただきありがとうございます。
ご本人の説明とともに掲載いたします。

面打ちはその後も続けてまして、「中将」(源融とか在原業平など平安貴族の役柄に使用)
「俊寛」(清盛の怒りをかい島流しになり、過酷な運命に絶望、打ちひしがれる様相)を
作りましたので写真を貼付します。明石市 藤  井 
能面1.jpg 能面2.jpg 

あっと言う間にお盆休みが済んでしまいました。今日からいつもの生活です、今年の夏は異常とも思える日照不足でマスカットの生育にこれほど影響を与えるとは、太陽の恩恵は計り知れないものがあります、(なぜ雑草だけがスクスクと育つのでしょうか?)抜いた後からドンドン草が生えてきます、
雑草より生育の良い野菜を発明すればノーベル賞だと思います。 同じ様な小さな花の塊で1個の花のように見える花です、紫と白色どちらも綺麗な花です。 紫花01.jpg  白花002.jpg 

今日親戚のお家へ訪問したら「任天堂ウイー」で盛り上がっていたソフトは「フィット」台の上に乗り左右のバランスをとってゲーム感覚でフィットネスをする装置だ、テレビや本で情報は知っていたが体験するのは始めてであった、何とうりかのコースがあるがその中でサッカーのヘティングのゲームあり体験してみた、左右にボールがくる、左右の足に体重を移動する事により北ボールに合わせてヘディングをするのだがボールだけでなく、たまに『靴』 「パンダ」(ボールのデザインに似ている)が来るこれをヘヂィングするとマイナス点だとても面白かった、楽しみながらフィットネスができるのであれば面白い、又体験したら報告したいと思います。
何日ぶりかの青空が雲の合い間から少しだけのぞきました、雲ひとつない青空はいつになったらやってくるんでしょうか?早くこいこい夏の青空!!

夏雲.jpg

いよいよお盆が近づいてきました、子供の頃は「お盆」は夏休みの一大イベントでありました、いつもは離れて暮らしている親戚、特に従弟との再会はとても楽しいものでした、ところが今はどうでしょう?子供のときのような心のときめきはありません(現実ばかり気にしている)夢が無くなったのでしょうか?生活に余裕が無いのでしょうか?もっとあの頃のような夢いっぱいの頃に戻りたいものです。
子供のときもそうでしたが、お盆が終わると夏休みももう終わりです、残った宿題に追われる日々を思い出します。
幻想庭園今日で最後
全景1.jpg 後楽園の西方向にある庭を背景に「LDE」(発光ダイオード)を沢山使用して「天の川」の様な風景を作っています、写真は極一部です、後楽園へ行って実物を満喫してください。 LED.jpg 

どうしてこんなに雨ばかり続くのでしょう?嫌がらせとしか言いようがありません、マスカットの一番糖度の乗る時期に日照時間が興も少ないと、腐れは出るわ、味はよくないではとても出荷するわけには行きません、2~3日カーと晴天になってくれればと祈るばかりです。
グチを言っても仕方ありません、今日は温室内の湿度を下げる為、この暑いのにボイラーを焚いて加温しています、少しでもマスカットの腐れを少なくする為の手段です。出荷はもう少しお待ち下さい。
写真は「幻想庭園」の続きです、建物のふすまに『影絵』を映し出し、よりいっそう雰囲気を盛り上げています。
影絵1.jpg 池の北側から南を撮った写真です、池の手すりにカメラを固定し撮影したので、何とかブレずに取れました、少し明るめの写真となっています。
 夜景1.jpg 

今日は午後に「檜」がほしいという人がこられまして、植林してある山へ道具(チエンソー)を摘んで軽四のトラックで道無き道を登って行きました、なにぶんとても暑い日だったので汗がダラダラと額をたれて流れてきます。檜の間伐を兼ねての伐採なので、下の方が少し曲がった木を倒しました、1本の木を倒すのもなかなか大変です、思った以上に生木は重量があります(根周りの直径20cm)2mほどの長さの木でも1人ではなかなか運び出せません、役1時間ほどの作業でしたが二人とも初めての経験を楽しんで帰られました。カメラを持ってゆくのを忘れてしまい、証拠写真が無いのが残念でした。
幻想庭園の続き、いよいよあたりが真っ暗にになり、明かりが後楽園のあちこちで光っています。
幻想5.jpg   幻想6.jpg 
どちらの写真も実際より明るくしています、実際はもっとほの暗く幻想的です、写真にすると周りの雰囲気が全然出ないので明るくしています(悪しからず』

幻想庭園続き、次第にあたりが暗くなる19:00過ぎ頃(暗くなるのが早いように思えました)明るい時には気にならなかった明かりがフワーと浮かび上がるように見えてきます、 開演前1.jpg 照明は周りの木々を照らす水銀灯、小さくキラキラ光るLEDの明かり、ちょうちんの様な風情のある明かり、ろーそくのゆらゆらとした明かり、周りが暗くなるとそれらが「幻想的」に見えてきます、非日常的な雰囲気です、1人で行くのはさびしいものです、2.3人で会話をしながらゆっくりと散策したいものです。 
三角ちょうちん.jpg 今日と糖度を測定しましたが15度しかありません、カーとお日様が照ってくれる事を祈るばかりです。

今日マスカットの『糖度』を測定しました、14.5度しかありません、残念ですが4~5日お待ち下さい
天気さえ良ければ日に日に糖度は増してきます、意外と早く糖度が17度になるかもしれません、毎日糖度を測定したいと思います(ブログにて報告いたします)
マスカットの色、艶とも申し分なく後は糖度だけです、このところの長雨で日照時間不足が原因と考えられます。
写真は後楽園幻想庭園の続きです。 次第に暗くなると係りの人が芝生の中に置いてあるローソクに火をともして回ります。 幻想3.jpg 庭の中にある建物にも照明がともりいよいよ「幻想庭園」の幕開けです。 幻想4.jpg 

日々沢山の方からマスカットのご注文や「いつ頃出荷になるのですか?」と問い合わせなど頂き、ありがとうございます。
昨日あたりで梅雨が明けたのか?夏の雲がありました、 夏の雲1.jpg このところ毎日孫が遊びに来ます、日に日に知恵が付いて(力も強くなり)ばあさんの子守も難しくなりました、先日は『蚊』に射されたのか足の付け根あたりが赤くはれていました、みていると射されたところがかゆいのか小さな手で掻いています、掻いたらかゆみも少しは和らぐのでしょうか? 
子供のおもちゃはとてもカラフルですね! おもちゃ.jpg 見ているだけでなんだか気分も和らぎます。
毎日蒸し暑い日が続きますがお元気でお過ごし下さい。
明日はマスカットの糖度を計ってお知らせします。では又明日!!

近頃『スズメ』が温室に侵入し、美味しくなったマスカットを食べ散らかしている、天窓にスズメが入らないように網を掛けているのですが、長年の風雨にさらされ網がずれてしまっていました、なにぶん高所恐怖症の私1人ではなんともならないので息子に頼んで網を掛けなおしてもらうことにしました、息子いわく「高い所は平気だ!」と申しておりましたので簡単に直せると思っていました、がしかし作業で息子が軒の一番高い所に上ると「こりゃー、きょうてー」と軒先を座ったまま移動するので、2時間で済ませる予定が4時間以上かかってしまいました、でも私1人では到底できる作業ではありませんので本当に助かりました。
スズメに葡萄の粒をつつかれると、そこから腐って他の粒にも腐れが移ってしまいます、今まで立派に作った房が歯抜けのようになってしまいます、このところの長雨の影響で葡萄も弱っていたので大変でしたがもうこれで大丈夫です、早く糖度が上がることを祈るばかりです。
今日は岡山後楽園で開催されている『幻想庭園』へ仕事帰りに行ってきました。 幻想1.jpg 幻想2.jpg 夜間の撮影にもかかわらず、三脚を持って行かず枚数は撮ったのですがほとんど『ブレ』てばかりでした、残念!でも実際は幻想的な雰囲気を味わう事ができました。

ページの上へ