フルーツ王国おかやまの味な手みやげ。産地直送・全国発送。
HOME

みのかみマスカット園BLOG

今日は「rrakugakiさん」が帝釈峡へ行かれたときの写真をメールいただきましたので掲載します。
秋もいいのでしょうが新緑の季節も又違った景色をみせてくれるのでしょうね、緑が綺麗です。

もう一年の折り返しの六月に入り 梅雨も間近くなって季節が変わり自然の景色も姿をかえて見えます五月九日に何十年振りに帝釈峡に行ってみました、帝釈峡は秋の紅葉が綺麗で観光客は居ないだろうと 思いましたが 結構 新緑を求めて人がいました一枚目は有名な「雄橋」です帝釈川の流路上にあった岸壁で部分的に地下の石灰岩洞であったものを川の水がその洞内を流れて浸食したものでありこの雄橋は長さ90m高さ40m幅約19mあり世界三大天然橋の一つとされています。
次の写真 川が細くなっている場所です、次は「鬼の唐門」でこれも天然橋で帝釈川の床面から15m上にあり高さ8m唐門の上には さらに「鬼の窓」と呼ばれる穴があり窓から向こうの木々が見えます、白雲洞と言って鐘乳洞も入場しました 鍾乳石 石筍 石柱 等自然のまま保存されていました、山野草も多く 私も見たことが無いのがあり嬉しかった!「ミツバアオイ」本当に水戸黄門さんのアオイの御紋にそっくりでしょう 「ヤマシヤクナゲ」家にある様な派手さが無く 素朴さが何とも言えず可愛いかった!まだまだ「ニニンソウ」「ヒトリシズカ」も顔をみせてくれました。
地元のおばさん達が机と椅子をテントの下に用意して山野草の天麩羅をして揚げたてを売っていたのがとても美味しかった(たらの芽・筍・タンポポ・藤の花・よもぎ等)です。帝釈峡 038.jpg 帝釈峡 046.jpg 帝釈峡 029.jpg 帝釈峡 017.jpg
帝釈峡 015.jpg >

先日「玉葱」の件ブログに書きましたが、写真を掲載していませんでした、丸々太った玉葱ですよ! 玉葱全.jpg 玉葱1個.jpg 雪ノ下.jpg 庭に咲いていた小さな花です、いくつもの花が沢山付いています、遠くから見ると白い花に見えますが、近づくと色鮮やかです、とても綺麗です。

筒花.jpg 薄紫花.jpg どちらの花もあまり見たことがありません、何と言う名前の花でしょうか?教えてください。 

主に鱗葉を食用とするが、強い辛味・香味がある。生のタマネギはイチゴ位の甘みを持っているが、辛さの方が強いため辛く感じるのである。これはタマネギが光合成産物をでんぷんではなく糖の形で貯蔵するためである。そのため、通常の植物の鱗茎に含まれるでんぷんはタマネギの鱗茎には検出されない。辛みは、品種によって早生の方が辛みが少なく、晩生になるにつれ辛みが強くなる傾向にある。辛味は加熱するとなくなり、甘みが出る。多様の料理に使われる。例えばカレーやグラタン、スープや肉じゃがなどの煮込み料理、ネギと同様に鍋料理や味噌汁の具としても用いられる。新たまと呼ばれる極早生のタマネギは、生で薄切りにしてもおいしく食べられる。

タマネギを切ると涙が出るのは、タマネギにアリルプロピオンが含まれているからである。タマネギを切った時に硫黄化合物(硫化アリル)が気化し、目・鼻の粘膜を刺激し涙が出る。これを防ぐにはゴーグル等で目を覆ったり鼻をつまむ。換気扇を回した状態でコンロの火を着け、そのすぐ横で調理すると刺激成分が上昇気流に乗って換気扇から排出される(料理人が平気なのはこのため)。また、水につけながら切ると硫化アリルが水に溶けて気化しなくなる。あらかじめ冷蔵庫で数時間冷やしておくのも良い。反対に、電子レンジで加熱することでも硫化アリルの効果を弱められる。ただし、これらの方法でアリルプロピオンの効果を弱めた場合、多少味が落ちてしまう。

ヒトが食べても無害であるが、 ウサギ、イヌやネコなどの殆どの動物が食べた場合、成分に含まれる硫黄化合物が中毒を引き起こし、血液中の赤血球が破壊され死亡することがある。ペットにはタマネギを含む食品を摂取させない様、注意が必要である。

ウイキペディアより
玉葱を調べてと思いウイキペディアをみてみると知らない事が沢山書いてあったのでそのまま掲載してしまいました。我が家でも昨年の11月ごろ植えた(苗は知人に貰った)もう丸々と太って食べるととても美味しい、薄くスライスして鰹節を掛け醤油で食べる、味噌汁の具として、カレー等何かと重宝する野菜である、保存もきくのでありがたい野菜である、我が家の玉葱の写真は明日掲載します。

緑色は人に安らぎを与える色なのでしょうか?緑の木々、葉、山々を見ていると何故か心安らぐような気がします、庭にある『葉』を撮りました。緑の葉1.jpg 新緑の木々 山1.jpg 

事務所のすぐ横にある「キウイ」の花が今日見ると咲いていました、果物屋でキウイは見ますが花はなかなか見る機会が無いのではないでしょうか、これからどんどん咲きますよ! キウイ蕾.jpg キウイの花.jpg 温室の近くにあった直径1cmに満たない花です(名前はしりません)  紫花.jpg 写真に撮ってみるとかわいい花です。

道端に黄色い小さな花が咲いていました(名前はわかりません)写真を撮っていると偶然ハチが花に飛んできて撮影する事が出来ました。ほんとにちっちゃな花でっすよ! 花と蜂.jpg  花黄色.jpg 

自宅から20分ほど自動車に乗って出かけると「原始温室」なるものがある、原始温室全景.jpg 原始温室説明.jpg 原始温室中.jpg 原始温室根.jpg (小さい写真は拡大してみてください)画面をクリック
この頃の温室はもうガラスでした(明治時代)先駆者は違いますねー 葡萄の根の部分は温室お外に植えつけてありました(写真最後)最初の葡萄作りは大変だったようです。

昨日友人から電話があり「近くに来たもんで」と事務所に立ち寄ってくれた、乗ってきたのがこのバイク。 バイク1.jpg このバイクが非常に珍しい「カワサキのMACHⅢ
2サイクル3気筒500cc」私なんぞは全然興味が無い為「バイク」で片付けてしまう。ツーリングなどに行って休憩所などで止めておくとすぐ人だかりがして、話が弾むらしい、しかし車検を受け管理するのもなかなか大変らしい、さびた部分は磨いて、とにかく新車かと思えるほど綺麗にしている。好きなものがあるのはいいものだ! バイク2.jpg 

今日は一日雨降りです、しとしとと雨が降っています、気分まで暗くなりそうですが? 久しぶりに一日家でゴロゴロしていました。
ですので写真は貼るのさわやかな写真にしましょう。  すずらん.jpg あやめ.jpg 明日から又元気でいこー!

春は草木の新芽が出て非常にさわやかな季節です、(一部の方は花粉症でそれど頃では無い)気温も寒くも無く、日差しも送強くありません、秋の紅葉した木々もステキですが、春の新緑は「燃えるような緑」と表現するに値する光景です。今日は春の「紅葉」(かえで)野写真です、緑の葉の中に薄いピンクの花?とても綺麗でしたよ! かえで.jpg 

近頃の結婚式は時代と共に変化してゆきます、息子が今年9月に縁あって、結婚することになりました、「前撮り」なるものが近頃はやりだそうで彼女と一緒に和服姿で後楽園の中で撮影がありました、同じ料金なので両家の両親もと、出かけてゆきました、後楽園は何年振りでしょうか?近くにあるのになかなか入る機会がありません、日本の三大庭園のひとつだけあってなかなかすばらしいものです、観光客も多く、その中をひときわ目立つ衣装で歩くわけですから注目の的です、どんな写真が出来るやら楽しみです。 前撮り1.jpg 前撮り2.jpg 前撮り3.jpg 前撮り4.jpg 幸せな家庭を築いてくれればと祈るばかりです。 

rrakugakiさんよりのメールと写真が届きました、写真を見るととても美しい所ですね!機会があったら言って見たいです。(メールと写真そのまま掲載させていただきます)
ゴールデン・ウィークの四月二十九日にETCを使い高速道で尾道ICから国道184号を北に一時間くらいで広島県の世羅に行って来ました。世羅高原には「世羅高原農場」でどこまでも咲き誇る七十万本のチューリップが丁度満開で華やかさに驚き じっと見るとその種類の多いのにもビックリです。八重で白と赤のまだらや紫色の八重のめずらしい花がアートに描いているさまは圧倒されます、このアート柄は毎年変えるそうです、標高400メートルくらいだから岡山よりかなり涼しいです、古くは葉タバコの産地で生産調整で20年前から観光農園にしたそうで他にラベンダーやポピーやゆりや芝桜など六ケ所ありましたが私は チューリップと芝桜園に行って見ましたどの園も大人700円で楽しめます。お天気も良く丁度日帰り旅行に最適でした。  世羅 055.jpg 世羅 045.jpg 世羅 036.jpg 世羅 015.jpg 世羅 001.jpg 

黄色花1.jpg 黄色花2.jpg 庭の草花6.jpg 黄色の花2枚は裏庭の隅に咲いていた直径1cmくらいの小さな花です、薄紫の花は「てっせん」濃い紫から次第に薄紫に変ってゆきました「俺は花だぞ」とえらっそうに花びらを広げています、直径は10cmぐらいいあります)大きな花は人目に付きやすいですが、小さな花はついつい見落としがちです、どちらも綺麗ですね。

タンポポ.jpg 綿帽子.jpg タンポポと綿帽子が同じ時期に見れるのかなー、

花マクロ1.jpg  マスカット粒1.jpg こんなにマスカットも大きくなりましたよ(加温栽培)


連休中はブログも連休してました、大阪の兄家族が来て、毎年行っている『従弟会』なるものを開催しました、唯従弟が集まってわいわいがやがやと焼肉を囲みひとときを過ごすだけの集まりですがこれが従弟の近況報告や、いろんな出来事を話してコミュニケーションを取るにはとってもいい会です、ここのところ従弟の家庭でも年寄りが多くなり全員集まる事は出来ませんでしたが、楽しい一日を過ごすことが出来ました。 焼肉.jpg 

ポール ポッツの女性版 イギリスの(スカウトキャラバン)のようなテレビの番組の中であった本当の話。
見かけは47歳の『叔母ちゃん』ですが歌う個これがすごいんです、ユーチューブでスーザン ボイルと打ち込んで動画を見てください(出来れば日本語の訳付き)で

ページの上へ