フルーツ王国おかやまの味な手みやげ。産地直送・全国発送。
HOME

みのかみマスカット園BLOG

今日近くで『吉尾竹馬の会』第3回が開かれた、午前10時30分に送迎用のバスに乗り母が出かけた、母は生まれて84年間ずーと吉尾の人である、今回も出席者の中で最年長である、竹馬の会は今回が3回であるが吉尾生まれの人たちが集まり小さい時から育った地域の思い出話や、近況を語り合う会である、小学校の同窓会と違い昭和23年以前に生まれた人たちの集まりである為、年齢差はとてもある、しかし昔は年齢差に関係なく地域での人のつながりが現在よりもとても強かったのだと思う、なぜならすぐ近所の子供たちでさえ顔を見ても名前どころかどこの子供さえわからない子供が多い、昔のよき思い出をこのような形で話し合える場所があるのはとても楽しい事である。 梅3.jpg あせびの花.jpg 今日一日とても暖かい日でした、門脇の梅がとてもきれいだったので写真に撮ったら思った以上にかわいく撮れたので、もう一枚は庭の隅にある「あせび」の花、私の好きな花のひとつです。

 あせびの花を持って振ると「シャラシャラ」という実に軽やかな音色がします。
 学生の頃、さだまさしさんの詩に「馬酔木(アセビ)」というフレーズがあったのですが、小さいときから目にしていた「あせびの花」=「馬酔木」ということを知らなかった私は、馬が酔う木っていったい何だろう、どのようなモノなのだろう?と辞書を引いて調べたことを想いだします。
 今みたいにインターネットなどという便利な代物がなかった時代の想い出です。
返信 早速「アセビの花」をゆすってみました「シャラシャラ」と音がします、花の中をのぞいても音の出るようなものはありません、花自体が硬いのです、花がお互いにあたって「シャラシャラ」と音がするのがわかりました、皆さんも機会があったら音を聴いてみてください。

コメントする

ページの上へ