フルーツ王国おかやまの味な手みやげ。産地直送・全国発送。
HOME

みのかみマスカット園BLOG

私は何故か津軽三味線の音に惹かれます、音色、メロディー、リズム何か日本を感じます、レコード、CDも何枚か持っています、聞いていると(かなり大きな音)眠ってしまいます、「津軽じょんがら節」は津軽三味線の代表曲ですが演奏する人によって全部違います、東北の雪の降りしきる寒い日、そんな中での生活をイメージします、たまには津軽三味線を聴くのもいいですよ!
話は変りますが、rrakugakiさんから山陰へ旅行へ行った時の写真が投稿されました、信州旅行の時と一緒で天候に恵まれて良かったですね。 神崎砂丘.jpg 蒜山 139.jpg 大山をバックに紅葉がきれいですね(特に赤が鮮やか)めの保養になりましたね。 ねこじゃらし3.jpg このねこじゃらしは町の用水のコンクリートに囲まれた少しだけ土のあるところにあったものです、西日に照らされて輝いていたのでとりました、思ってた以上に晩秋を感じさせるワンショットでした。

最近の紅葉の写真、どれも素敵ですね!
子供の頃はこんなに感じなかった・・・
でも、子供の頃に沢山綺麗なものを見せ、感じさせ、伝えなくては「綺麗さ」に感動する心は育たないと聞いた事があります。
寒いですが、今の時期、どんどん外に出て感性を磨きたいです。
返信
子供のに「これは綺麗だ」と教えるのではなく「綺麗なもの」を「鑑賞」見せる事が大切だと思います、子供(小さい時は)将来の可能性は無限に広く大きいものです、年齢を重ねるたびにその枠は残念ながら小さくなってゆきます、可能性のある間にいろんな経験をさせることは大事だと思います。

 私もしげの里兄さんと同じく、最近景色を観る目が少し変わってきています。
 元来山の中で生活しているのですが、通勤時に周り(の山々)を見ながら、これをデジカメ映像にするとどうなるのかな?って考えながら観ています。あいにく路上に車を止めて撮るということもできず、さりとてそんな様にえー感じで朝陽が当たってる時が再々あるわけもなく…。
 う~ん、瞬間を記録するのは難しい!!「瞬間」って必ず過ぎてから気付くんですよねぇ。
返信 自分が意識していないと見えているものも記憶に残りません(実際は今までも見ていたに違いない)又回りの景色を意識してみる事によって違いが(変化している景色)がわかるのだと思います、でも運転中は周りの景色に注意していると前方不注意になってしまいますのでくれぐれもご注意下さい。

 オイ オイ! 板さん!  私・「しげの里」は女性ですぞ~~~!

貴殿の 物知りで 博識なコメントは いつも勉強になっています。
今後共どうぞ宜しくお願いします。
      
                      しげの里姉さん より  

思い出しました。
三年くらい前、青森の金木町に、太宰治の生家の[斜陽館]を訪ねた時
『津軽三味線会館』が同じ切符で入館出来たので入場すると、生演奏で
何時でも演奏が聞けて、三味線の説明や種類や今迄の流れ等、熱心に
話され、盲目の高橋竹山先生の話に感動しました。やはり青森の寒さで
足の下から雪が地ふぶきの中、門付けして廻るさまは、三味線の、もの
さみしい、心にしみいる音が私の心の琴線にひびくのでしょう。
若い、演奏家で上妻宏光さんの津軽三味線の生演奏も、聞く機会があり
ました、演歌の長山洋子さんの 津軽じょんがら節の三味線も上手ですよネ

歌は何のジャンルでも大好きな私ですが、何時かブログに一番好きな歌は?
と、あつたのですが、一番好きなのが色々あり決められなかつたわ~
返信 津軽と言う言葉だけで夏の津軽を創造できません、(でも行ったことありません)津軽三味線いいですねー

ねこじゃらしがこんなに写真の対象になる、とは思いませんでした、

先日の逆光のねこじゃらしも、楽しいし勉強になり、私もやってみょうかな~
返信 何でも撮ってみてください、日中の太陽だけは撮らないように。

コメントする

ページの上へ