フルーツ王国おかやまの味な手みやげ。産地直送・全国発送。
HOME

みのかみマスカット園BLOG

畑に「愛宕柿」が沢山実を付けていて、渋抜きをしなくてはいけません、毎年「ドライアイス」でチャレンジしますがこの2,3年成功しません、ビニール袋に柿を詰めドライアイスを新聞に巻いて袋に入れ掃除機で中の空気を抜き密閉する、1週間ほどして「渋が抜けたかな?」と期待をこめてひとかぶり「しぶー」この渋さは口の中に当分居座り他の味はちっともわかりません、
今年はそれに凝りて、温水による渋抜きに挑戦してみようと5個ほど実験中ですが、「柿の渋抜き」でネットで調べてみると、「温水による渋抜きが一番美味しくない」と書いてある、これはいかん、美味しいのはアルコールによる渋抜きのようだ、ドライアイスの変りに「焼酎」「ブランディー」(アルコール度数の高いほうが早く出来るらしい)「ウオッカ」で挑戦してみようかな?この件は又の機会に報告します。

今日は「rrakugaki」さんよりの写真が届きましたので掲載します、白馬 076.jpg 白馬 101.jpg 先日 旅行に行って来たのでメールさしてもらいました、
上高地 妻籠 馬篭 長野白馬ジャンプ競技場などを回りましたその時の写真です。

天気もよさそうでよかったですね!気持ちの良い感じが上高地の写真に出ています。
又の投稿宜しく

焼酎の渋抜きを推奨します。
 10数年前 作った事が有るが、とても美味であった。

  ドンブリ鉢に焼酎を入れて、ヘタを取った柿を1分ほど浸けて取り出し  
  ポリバケツに(並べ)入れ 蓋をしてガムテープで 密封するだけ。

 是非 お試し有れ!

近頃は 会社で、昼休や 仕事疲れに このブログを見ている。
仕事や勉強の合間に、体操したり睡眠を取ると、その後グンと
能率が上がるらしい。眠るのも10~20分で良いとか。
1時間も寝ていると「出社に及ばず!」と言われるので御注意を!
返信
焼酎でやってみます、乞うご期待!!

ジャンプ場は、入場料500円で、ラージヒルのコースで選手が滑って飛びたつ

スタート地点まで、リフトに乗り、シースルウのエレベーターに乗り、足が震える

くらい怖い橋をわたりスタート地点まで行き、帰れます。高さ138m、全長385m

今は雪が無いシーズンなのでビニールで出来た芝生の様なシートを敷き、水

を流しその上を滑り降りる練習を中学生10人程がしていました。

スキージャンプ競技などする度胸のある人間がいるものだな~
返信
写真の投稿ありがとうございました。
岡山でも柵原に人口スキー場がありました(今はどうなっているかな?)意外と雪の感覚で滑れます。でもジャンプはテレビで観ていても恐怖感があいます、小さい時から慣れ親しんでいないとジャンプは出来ないと思います。

義父は焼酎で渋抜きしようるよ。甘~うなるけどあっちゅうまに柔らこうなるから注意。今日、えのころ草を発見。しみじみ観察したら緑の葉と毛のものと、赤い葉と毛のものの二種類あったわ。雑草ゆうより風情があるなあ。
返信
道ばたの雑草でもじっくり観察すると意外な発見がありますよ、小さな花も時々見かけます。

コメントする

ページの上へ