フルーツ王国おかやまの味な手みやげ。産地直送・全国発送。
HOME

みのかみマスカット園BLOG

天野さんの祝賀会での話し。
大阪の人は「ばか」と「あほ」は非常に違う感覚であるらしい、広島に仕事の関係で転勤になり、行きつけのすし屋さんでの話し、そこの親父があいずちを打つのに「あー、ほ」とあいずちを打つ、これが気に入らない「あほ」に聞こえてしょうがない「ばか」は聞き流し出来るが「あほ」は聞き捨てなら無いそうだ、岡山県人は「ばか」=「あほ」ぐらいだと思うが大阪府民はそこが許せない、方言はその土地土地で言葉のもつ意味の内容が違う、私が経験したのは「仲間に「入れて」と長野あたりの方言だったと思うが「はめて」である、なんとなく卑猥に聞こえたのはお互いのようであった、日本は広い、それぞれの土地へ旅行したらその土地の方言を注意して機構ではないか、旅行の楽しみの一つとして。
追:岡山では傘を二人で差すとき傘を持っている人が「傘に乗らない?」と相手に言うこの「乗らない?」は他県では通じないのでご注意、「傘に入らない?」と言ってください。

大阪の人達は、親しみを込めて「アホやな~~」と
しょっちゅう使います。
言われた方(ほう)も「ホンマヤ!」と笑って答えます。

土地柄・立場・その時の状況・声のトーン・ニュアンス・・・
色々によって 言葉は 違って受け取られる事が有りますね!
返信
「あほ」と「ばか」どちらが聞いていやですか?

長く大阪に住んで居ますので、感覚的に「バカ」の方がイヤですね。
「あほ」の方はユーモラスに感じます。
返信
「ばか」も「あほ」もどちらもいやですね。

コメントする

ページの上へ