フルーツ王国おかやまの味な手みやげ。産地直送・全国発送。
HOME

みのかみマスカット園BLOG

今日は母の短歌の校正を母、母の妹、自分の3人で行った。
木戸製本所よりの訂正&確認の書類が充実しており、スムーズに校正作業は終了した、さすが出版社の方はすばらしい、小さなことまで注意項目をご指摘下さり、歌を何度も読み返しながら校正を行った、後は
1:写真の選定
2:表紙のデザイン
を残すのみとなった、任せられているので大変だ、日曜日には大体の作業を終了したいと思っている、
校正の作業終了後時間があったので、前にもお話した天野御夫妻(野の花の隣で)の絵の個展が山陽新聞「さんたギャラリィー」で開催されていたので3人で出かけた、天野 亮三さんの水彩画は淡い緑色を基調とした風景画、野の花、実などの絵が多数展示されていた、いつ見ても「癒される」絵だと思う、今度天野さんに了解を貰いブログに何点か絵を掲載させてもらおうと思いますので楽しみにしておいて下さい。
充実した一日でした。
追伸: 今日は嫁いだ長女の誕生日でした、九月六日

自費出版する場合、色々な作業がありますね、やはり、まかせきりでなく
十分、自分の意見を言う、「力」が必要なのですね、
写真とか・・・・・
表紙のデザインとか
私も「さんたギャラリィー」で天野さんの絵みせていただき驚きです。
赤・青・黄の三原色の絵具だけで描いているなんて・・・・・・
ブログ楽しみにしています。

返信
そーなんです、大変なんです、何せ相手が相手ですから(要求があまりにも多くありすぎる。

歌集を出されると言うのは、ただ単に思いをつづった物を本にするというだけでなく、周りの人たちの協力、ささえ、思いがあるんですね。
きっとその分、出来上がった時の感動は計り知れないですね。

長女さまのお誕生日、おめでとうございます。

返信
大変なのはわかっていたのですが、本にを出すくらい多くの歌を詠んだ母をすごいと思います。

コメントする

ページの上へ