フルーツ王国おかやまの味な手みやげ。産地直送・全国発送。
HOME

みのかみマスカット園BLOG

昨日のテレビで(NHKの「トップランナー」)だったと思う、人工心臓の開発に携わる人の話であった、人工心臓開発にあたってのエピソードが話の中心であった、人工心臓は即人の命にかかわるものであり、開発しただけでは役に立たない、使われて初めて成功といえるのである、そのためには実際に人を使って実験しなければならない(臨床試験)である、主人公は女性である、それまでに動物実験等は何回も済ましいる、臨床試験といえども失敗即医療認可が遠のくのである、私自身も電機の仕事をしているが、現場作業等で完璧にチェックを済ませても、電気を投入する時はドキドキもんである、これが人の命となると創造を絶する事である、彼女は開発責任者であり、1から10まで彼女がするわけでは無い、多くのスタッフと共に開発、そして臨床試験の依頼場所を探し交渉している、彼女はそのスタッフに「夢」を語るのである、
この人工心臓が完成し世の中に認められればどれだけ多くの人を助ける事ができるか、その為にもこの開発プロジェクトをやり遂げなければならないかをである。
「夢は人を動かす」久しぶりに聞いた心に残る言葉でした。 虫食い葉.jpg なんとなく撮った葉っぱですが、虫食いのあとがなんとも言えません。

コメントする

ページの上へ