フルーツ王国おかやまの味な手みやげ。産地直送・全国発送。
HOME

みのかみマスカット園BLOG

もう20年ぐらい前に聞いた言葉である。
「人は2度死ぬ」1度目は身体が死んだ時、2度目は人の記憶からその人がいなくなった時である、1度目の「死」は呼吸しなくなり、心臓が停止し、瞳孔が反応しなくなったすなわち「物理的な」死である、2度目の「死」は死んだ人が人々の記憶から無くなったとき、その人を知っている人がいなくなった時である、母より曾おじいさんの話など時々出てくるが、自分は曾おじいさんを知らない、母が話す事によって母の中には曾おじいさんは生きているのである、私の祖父、祖母は子供たちの中では長女、長男は少し記憶の中に残っているようであるが、次女は全く知らない、家族の語らいの中、友人との会話の中に亡くなった人の話が出てくるとき、その人は話す人の心の中で生き返るんだと思う、先祖を奉る事は大切だと私は思います、人は「生」を受けたと同時に「死」に近づいて行くのです。人ばかりでなくすべての形あるものは「死」無になる運命なのです。今日は哲学的な話でした、人生について考えてみませんか・・・・

ニラの花2.jpg
                 ニラの花

コメントする

ページの上へ