フルーツ王国おかやまの味な手みやげ。産地直送・全国発送。
HOME

みのかみマスカット園BLOG

今回から何回目のブログか?、番号を付ける事にした。
今日は友達(親友)について
大学時代(名古屋)で学生の特権を利用して遊びまくっていた頃、サークルは「名城大学グリークラブ」男性合唱団である、なぜか卒業まで続いた。
合唱は小学校の頃から続けていた、入学式のときサークル勧誘を先輩たちが(確か1号館の前で歌っていた)惹きつけられるように入部したのを今でも覚えている。
そこで出会ったのが親友「K」である。今考えるとおかしいぐらい毎日一緒に行動していた。
私は学生アパート4畳半暮らしで万年床、動かなくても何でも手の届く生活だった。
彼とは、このアパートでよく話をした、人生のこと、将来の夢、家族のこと、そして友人のこと
友人との関係について話をしている時。「気を遣わなくてもいいのが友人」と言われているが、そうではないと思う「友達だからこそ、気遣わねばならない」
「友達だからこそ気を遣う」この言葉を30年経った今でも大切にしている。
このことが長く友人で居られる秘訣と思っている。
皆さんは友人を大切にしてますか。気遣いしてますか?

 毎日日記も書けんもんが、小椋圭やユーライヤヒープとかサンタナとかなんか統一感も何もない音楽に囲まれたぐちゃぐちゃな四畳半に毎日のように転がり込んでたな・・・とか少し思い出してしまった。

あなたも我がベースキャンプ地へおいでになった友人の一人ですね。
あの頃は楽しいことばかりで、悩みなど一切ありませんでした、今は・・・・・

とても良い お話でした。私の親友の話も聞いて(?読んで)下さい。こちらもKさん。会社・同期入社で 40年来の友人です。この人は、いまだかつて 人の悪口を言った事が有りません。どうしてか?と聞いてみましたら 「自分はナンボのモンジャ(大阪弁?)と戒めている」との事でした。 私は この言葉を大切にしています。

人それぞれにその言葉から感じる何かがあるんだと思います。
良い言葉を教えて頂きました私の辞書に(付箋を貼って)追加しておきます。

「気を遣わないで」っていう場面はありますが、本当に気を遣わないでという意味で言っているのではなく、相手に気を遣った結果そういう言葉が出てくるのでしょうね。
人に気を遣って行こうと、改めて思いました。

「言葉」は難しいですね!その言葉を聴いた時の状況で受け取り方が違ってくると思います。
「夕日の赤」あなたはどんな色の「赤」を思い出しますか?

ナンボのモンジャの大阪のおばちゃんですが、楽しい輪の中に入らせていただける幸せに感謝!感謝!悪口を言わないとほめてもらったのですが、言葉を聞いたときの状況で受取り方違ってくる、そうだなと思いました。友の受取り方が、きれいなんだと実感しました。夕日の赤は、家族団欒の電球の色を思いましたが。

コメントのコメント
そうなんです「電球の色」蛍光灯の色ではないんです。
又「家族団欒」と書いてくれました、これこそが相手に自分の考えていることを100%伝えてたいと言う相手への心遣いだと思います。 これからも宜しく!!

コメントする

ページの上へ